外食部のある1週間

外食部の主な仕事内容を、
1週間のモデルケースにしてご紹介します!

各部署のCM
原料部、開発部や応用開発室との定例会議。 月曜の朝イチは、他部署との情報交換やミーティングの場です。開発部や応用開発室から新しい食品の企画がでることもあり、重要な情報交換の場となっています。 視察を兼ねて、気になる飲食店で昼食。 メニューやサービスの参考にさせてもらうことと、いずれ営業に伺って、お客様になっていただくことも検討します。 営業活動で、お客様巡り。
外食部火曜の仕事 営業活動。 店舗事業戦略ミーティング。 新規営業先向けのサンプルを準備、プレゼンテーション。チェック
外食部水曜の仕事 オリジナル商品について、開発部や応用開発室と打ち合わせ。製造依頼する。チェック メーカーの工場視察。
外食部木曜の仕事 Aメーカーに同行し、カフェを展開する取引先B社へ向けてプレゼンテーション。 新しい客層を開発したいというオーダーに合わせ、新しいメニューを提案。 Cメーカーから新商品の案内を受ける。
ご案内した商品の意見を伺うため、B社へ再度訪問。 これまでの提案と打合せをもとに、さらなる課題や注文をいただき、より精度の高いメニュー開発のために、持ち帰って、開発部や応用開発室と打ち合わせ。 来週のスケジュール調整。 サンプル準備。


新規営業先向けのサンプルを準備、プレゼンテーション

オーナーさんにお会いして、弊社取扱い原料を使った新しいメニューのご提案をします。
提案メニューの写真やサンプルをお持ちして、イメージしやすいよう工夫しています。実際に食べていただくこともあるんですよ!
流行や市場動向を踏まえたご提案ができるように常に考えています。

オリジナル商品について、開発部や応用開発室と打ち合せ。製造依頼をする。

清田産業のこれまで培ったノウハウを活かして、消費者向けのオリジナルブランドを展開しています。
新しい視点で飲食店を盛り上げられる清田産業オリジナル商品を日々開発中!製造を依頼している工場へ視察に行き、 品質チェックなどの管理業務も行なっています。

他にもこんなシゴトもあります

外食産業にとって、お休みの続く時期はとても重要!急な食材の不足やお問い合わせなどにも対応できるようにしています。
飲食店さんが忙しい時期ほど、フォローは必須です!