2016年入社 営業 河口実希

営業課の仕事は?

お客様の求める「食」のアイデアや企画を提案。
私の仕事は「開発営業」です。コンビニやスーパーに並ぶ様々なお菓子や食材。そのメーカーさんに原材料の供給から、商品開発のご相談まで、ご一緒に考え、ご提案する仕事です。 「安全性」、「おいしさ」「見た目のキレイさ」「楽しさ」などメーカー視点に立った様々なサポートをしています。

実際に作ったお菓子や食材を持参し、製品化へ!
お客様からアイデアやご要望をいただくことが多いですが、時にはお客様に新製品の開発アイデアを提案することもあります。どちらの場合でも原料や製法を調べて目処が立ったら、応用開発室のメンバーに協力してもらって実際に社内でその製品を試作してお持ちします。
実際に試作品を作る過程で出てきた情報などもお客様にご提供するほか、調理方法など、量産する時に必要な様々なデータやノウハウを共有し、スピーディーで質の高い商品を生み出すお手伝いをしています。日々、新たな挑戦に満ちた充実した毎日を送っています。

入社のきっかけは?

開発営業って何?っていうのが最初の印象でした。
大学では栄養学を学び、管理栄養士の資格を取っていました。就職活動では食品関係の会社を深く考えず回っていたというのが正直なところです。
「食品の開発営業って何?」というのが初めの印象でしたが、仕事の内容を聞き、もともと食品に興味があった私は自分のアイデアで食品の新商品の開発に携わることができるのはきっと面白いだろうなととても魅力を感じました。

社員同士の仲よさそうな会話を聞いて密かに決意。
でも、入社の決意はそういったところではありません。実は会社説明会で社員同志の会話を何気なく聞いていて、とても雰囲気がよさそうなので、「私も仲間に加わりたい」と素直に思えました。私にとっては、運命的な出会いだったのかもしれません。

仕事のやりがいは?

女性初の営業! 毎日新しいチャレンジの連続です。
私は清田産業の歴史の中で初の女性営業として採用していただきました。周りは男性ばかりの職場ですがみなさんとても優しくご指導してくださって、日々安心して仕事ができます。 毎日、書類の作成や営業で慌しく過ごしていますので、「気がついたら1年経っちゃった!」というのが感想です。でも、よく考えると、何もわからない私が仕事に集中できる環境を上司の方々が私の気づかないところで整えてくださっているんだと思います。上司や先輩の方々に感謝しなきゃと思っています。

お客様の反応はいつもドキドキ!
清田産業の得意分野はお菓子やレトルトなどの加工食品です。そのため、応用開発室と協力してお菓子の試作品をつくりお客様のところにお持ちして、実際に味わっていただき感想をお聴きすることが度々あります。
そのような時は、いつもドキドキします。いい意味での緊張感があります。「味」や「風味」「舌触り」などは主観的な要素も多いために毎回、「大丈夫だろうか」と思いながらご提案するのですが、そのドキドキの分、お客様から高評価をいただき、笑みがこぼれた時は正直とても嬉しいです。

学生の皆さんへのメッセージ

自由な風土は、逆にプレッシャーかも…。でも強くなれる。
自由にできることはその分責任も伴います。私は事務処理の効率の悪さや営業としての知識の不足を感じることもしばしばあります。そんな時は「自由ってかえって大変だな…」と弱い自分が出たり、「会議が多いから…」と言い訳し、会社や上司のせいにしてしまうときもあります。でも、それは間違いだということもこの会社で少しずつ学びました。周りに感謝し、自分の弱さも温かく包み込んで伸ばしていくこと。清田産業は私にとっては貴重な勉強の場でもあります。

「食の安全」や「食文化」に興味がある方、「ただお菓子が好き!」という方も!
採用説明会にぜひ来てみてください。そして私が感じたようなアットホームな雰囲気が気に入ったらぜひ仲間になってください。私は「食」に関心がありましたので、今は知識だけじゃない「食」の面白さを感じています。同じように「食」に関心のある同世代の同僚、後輩ができたらとても幸せです。社会人1年ですが先輩として、できる限りのサポートをしていきたいと思います。
一緒に清田産業を支えていければきっと楽しいと思います。