2014年入社 営業 小林直人

営業課の仕事は?

「食」の総合プロデューサーを目指して
私たちの仕事は、「食」にまつわるとても幅広い業務範囲を担っていますので、分かりにくいかもしれません。
一言で言えば「『食』の総合プロデューサー」と言えると思います。
原材料の調達から、加工方法のご提案まで食品メーカーのサポートを主な業務にしています。

「食」の総合コンサルタントの側面も大切
営業として求められる水準は、セールスマンとして「売る」力以外に、『食』の総合コンサルタントともいうべき専門知識が求められます。
食品メーカー様の様々なニーズにお応えし、サポートするための広範囲で専門的な知識に裏付けられた経験や勘といったものも必要になります。
お客様が付加価値の高い製品の製造を実現するために私は質の高いサービスを提供できるよう日々努力しています。

入社のきっかけは?

生物学を専攻、食品関係の会社をあたる。
生物学を専攻し、「食品」の分野に関心がありました。大学で学んできた知識を活かし、大好きな「食品」の領域で自分の力を発揮できるのは商社ではないかと考え、入社しました。
自由な社風の中で、自分の知識と経験を磨きたいと考えました。

上司と部下の会話に上下がなく好感。
しかし、それはきっかけでしかありませんでした。会社説明会で出会った先輩社員の目の輝き、その方の振る舞いに「あんな人になりたい」と思ったことが真の入社の動機です。現在もその方の背中を追いかけています。自由になんでもできる社風は予想通りでした。大家族的な雰囲気の中、苦しくても仲間との絆が感じられる職場にとても満足して働いています。営業なので数字のプレッシャーや作業量の多さに大変な時もありますが、上司や同僚に救ってもらっていると感じます。

仕事のやりがいは?

「三方善(さんぽうよし)」の考え方は営業の基本
知識も経験も幅広く必要なのが食品業界の特徴かもしれません。海外の原材料もあり、添加物の種類も大変多いので、日々少しずつ成長していくことを求められます。
当社の「三方善(さんぽうよし)」の考え方は徹底していて、営業とはいえ、自社の利益のためだけの提案は一切なく、お客様と仕入先の双方の利益を追求した、自分でも納得のいく提案ができるので、お客様との関係も大変良好で、仕事への充実感を感じています。

顧客満足の追求を目指して、付加価値の高い提案を。
ただ、課題もあります。現在は少子高齢化、長引く景気の低迷など不確実要素が多くあり、その中で、より付加価値の高い製品を的確に産み出していく高い水準の提案が要求されることが多く、それに対して、会社としてもできることを増やし、お客様により満足いただける提案をできる体制をもっともっと整備していかなければなりません。
私はまだ若手の位置付けですが、大きな責任を任されているという使命を感じています。

学生の皆さんへのメッセージ

アイデア次第で様々な提案が可能
「食」をテーマに研究をしてきた方や、「食品」「食文化」に関心があるなら、当社は、選択肢として考えていいと思います。自由な社風の中、そうした経験も活かせる職場だと思います。営業としては数字を追うのではなく、お客様の新商品の開発をサポートする「開発営業」という業務が中心なので、商社の中でもかなり専門性の高い仕事ができると思います。

「食」に関心があるなら、ぜひ応募してみてください。
採用説明会にぜひ来てみてください。そして私が感じたようなアットホームな雰囲気が気に入ったらぜひ仲間になってください。先輩営業社員として皆さんを精一杯支えたいと思います。
経験不足や知識不足は入社後でも補うことができますから、「食」に関心のある方の応募をお待ちしています。
きっと充実した社会人生活が送れると思います。
わからないことはぜひ、メールなどでも問い合わせてください。よろしくお願いします。