2016年入社 応用開発部 河村友莉佳

応用開発部の仕事は?

お客様にご提案する試作品を作っています。
営業さんが提案した食品や、お客様からアイデアをいただいた食品を実際に試作しています。
食品の場合、舌触りや香りなど、実際に味わっていただかないとお客様に提案の内容が伝わらないので、ご提案通りのレシピで作ったものをお客様に提出し、召し上がっていただきます。

毎日が勉強!
大学では食品のことを色々学んできましたが、それは、やはり、「知識」の範囲を出なくて、食材の成分や性質について知っていることで食品の全てを知った気になっていました。
でも実際に加熱したり、混ぜたり様々な加工を行う過程で、最終的な味への影響を考えながら試作品をつくるためにはもっと広い知識や経験が必要だと感じます。現在は圧倒的な知識不足、経験不足を感じています。焦らず、一つひとつ勉強だなーと思っています。

入社のきっかけは?

大学では栄養学を学び、漠然と「就職は食品関係かな…」
大学では栄養学を学び、管理栄養士の資格を取っていました。だから、「就職先は食品関係かな…」と漠然と考えていました。「食品」というキーワードで、深く考えず、食品メーカーばかりを回っていたある日、ネットで清田産業がヒットしました。

「あ、私、この会社だ…」
正直「商社」というのは頭になかったので、何をしている会社かよくわからなかったのですが、「おもしろそうだなー」と感じて説明会へ。
先輩社員のKさんが、業務内容の説明をしている最中、「あ、私、この会社だ…」と直感的に思いました。
その後、労働条件や給与のことなどいろいろ説明を受けましたが、右から左へ聞き流していました。(笑)
説明会の中で交わされる社員同士の何気ない会話が耳に入ってきましたが、とても穏やかで安心感があり、直感は確信へと変わりました。

仕事のやりがいは?

イメージ通りの味や食感が出せたときはすごく嬉しい!
様々な原料を組み合わせて、要望の味や香りを引き出していく作業はとっても難しい作業だと感じています。
「味」「うまさ」という曖昧で主観的な判断基準ですから、頼るものが自分の感覚しかないので、不安もあります。
そういった苦労や難しさもありますが、実際に自分の手で作り、イメージ通りの味や食感が得られたときはとても嬉しく、そこに向けて、試行錯誤を繰り返すことは、何かワクワクして楽しい作業です。とても充実感とやりがいを感じています。

食のトレンドを知ることも大切な仕事です。
清田産業の応用開発部のメンバーは営業と一緒にお客様を訪問して、ご要望を伺ったり、試作品を提出したりするアクティブな側面もあります。白衣は着ていますが、「研究者」ではないのです。常にお客様のニーズに敏感でなくてはならず、食のトレンドを知ることも重要な仕事です。日頃から雑誌や業界誌、新聞などの記事から情報を集め、営業の方とのミーティングの場で報告しています。
いつも新しい情報を求めることは自分の興味もあることですし、何より食品の知識が深まる楽しさがあります。

学生の皆さんへのメッセージ

「食品商社」は裏方だけど、人の生命を支える「食」に関わるやりがいのある仕事です。
清田産業は食品商社です。私がそうだったように、正直、何をしている会社かわかりにくいと思います。でも、私たちは「食の総合プロデューサー」として、日々コンビニやスーパーに並ぶ食品を開発している、皆さんにとってとっても身近な会社なんです。社風は自由でなんでもできる風土があります。私も入社1年目ですがとっても自由に仕事をさせていただいています。そして、何より、人にとって大切な「食」を支えるやりがいのある仕事です。

食品に興味がある方、流通に興味がある方、一緒に働きましょう!
清田産業は、アットホームな会社です。派手さはないけど、社員同士の仲が良く、経験がなくても先輩社員や上司の方が精一杯支えてくださいます。おかげさまで、昨年の新卒採用社員全員で2年目を迎えることができました。私が「あ、この会社だ…」と思った直感は間違っていなかったと思います。
いままだ、迷っている方は、是非とも清田産業株式会社にエントリーしてみてください。あなたの直感が働いたら、その直感を信じてみてもいいのでは?