2017年入社 営業 築地功征

営業部の仕事は?

新商品開発のための原料の提案
コンビニエンスストアで販売される食品やお土産物売り場に並べられるお菓子など、新しい商品が生まれる開発の現場で、食品原材料の提案をしています。
新商品の開発において、食品原材料は、その食品の香りや食感を決定づける大切な要素のため、お客様である食品メーカー様も長い時間と手間をかけて様々な条件を検討して決定されます。

「売る」だけではない清田産業のこだわり
清田産業は食品資材の商社ですが、お客様に対して、「原材料を売るだけ」の会社ではありません。原材料の提案に当たっては、過去の経験と豊富なノウハウを活かして、試作品の作成や製造方法のアドバイスなど幅広く提案させていただいています。提案から採用までは半年程度かかる場合が多く、長い時間辛抱強くお客様のご要望に応え続ける姿勢が必要です。さらに、提案する食品に対する専門知識も日々勉強し、より良い原材料をお客様に提供するこだわりをもって営業をしています。
▲トップへ戻る

入社のきっかけは?

食品系の会社を何社も回る日々
もともと食品系の会社に入りたくて食品会社を回っていました。説明会に参加すると、資料やホームページではわからないその会社の特徴や強みがわかる面白さを感じていました。そのため、かなり積極的に説明会に参加しました。

「お客様の笑顔のモトになりたい。」
はじめのうちは会社に対する興味から就職活動をしていましたが、だんだんと「自分が何をしたいのだろう?」という一番肝心なところが曖昧なことに気づきました。そこで立ち止まり、自分が何をしたいのか考えたとき「お客様の笑顔のモトになりたい」という思いが浮かんできました。そして清田産業の会社説明会に参加したとき、VTRから「お客様の笑顔のモトになる」というフレーズが流れてきました。「自分が考えていたことと同じ思いの会社があると驚き、同時に強い興味を感じました。それが清田産業に入社しようと決めたきっかけになりました。
▲トップへ戻る

仕事のやりがいは?

「あの原料があったからこの商品ができたんだよ。」
新商品の開発に向けた原材料の提案は、採用まで半年以上の長い時間がかかることも珍しくない上、必ず提案が採用されるという保証もありません。食感、コストなど様々なクリアすべき点があり、営業活動には忍耐も必要です。
その結果が実を結び提案した原料が採用になった時は大きな喜びを感じます。でもそこで終わりではありません。そこからがまた具体的な調達の仕事が始まります。清田産業には「三方よし」という考え方があります。お客様、仕入先、地域社会の「三方」が満足する高い到達点を目指す考え方です。その理念のもと、協力関係を保ちながら、お客様の求める、そしてそれを手に取った消費者の方に「おいしい」と言ってもらえる商品を作るための道のりは続きます。やがて、お客様である食品メーカーの方とも、仕入先の担当者の方とも、一緒により良い商品を開発するための同志のような関係になっていきたいと考えています。
自ら提案した商品が店頭に並んだとき、お客様や仕入先の方とともに一つのプロジェクトをやり遂げた達成感とちょっと誇らしいような思いを感じます。
ある時お客様から、「あの原料があったからこの商品ができたんだよ。」と声をかけられたことがありました。その時、「ああこの仕事をしてよかった」と心から思いました。
▲トップへ戻る

学生の皆さんへのメッセージ

自分は何をしたいのか?そんな思いを抱えた方へ
私がそうであったように、「自分が何をしていいかわからない。」と思っている方も多いと思います。その時はどんどん会社説明会に参加してみてください。そして資料ではわからないその会社の強みや社風を自分の目で情報収集するのが一番の近道だと思います。その中で、「自分は一体何がしたいのか?」という根本的な問いかけに自分なりの答えを出していってください。
そして、ぜひ当社の会社説明会にも来てください。資料やホームページでは伝えきれない当社の仕事の内容やビジョン、アットホームな社風をご自身で感じてください。
一緒に仕事ができることを楽しみに待っています。
▲トップへ戻る