2018年4月入社 原料部 営業 Y.K

入社のきっかけ

自分の可能性が広がった「商社」との出会い。

高校の頃からグミやアイスが好きだったので大学は食品系の学科に進みました。自然と、就職も食品関連にと考えていたのですが、食品関連といえば食品メーカーだと思い込んでいました。そんな時、大学内の企業説明会で清田産業の話を聞いて、食品に携わる仕事として「商社」という選択があるのだと知りました。清田産業なら、「新しいことに取組んで、いろんな素材や原料で食品を生み出していけるのでは」と感じて決めました。
▲トップへ戻る

普段の仕事

入社して「営業職」の概念が変わりました。

「営業職」というのは「ある決まった商品を新規のお客様にどんどん販売してこい」というイメージがあったのですが、清田産業の営業職は違いました。新入社員は「新規のお得意先を開拓」ということではなく、まずはおつきあいのあるお客様に対して、さらにどうお役に立てるかを常に考えていくイメージです。その過程でお客様へ提案できる商品を見つけていきます。ですから、プライベートでもアンテナを張って、それこそ、旅行に行っても、お土産などをすぐチェックしてしまいます。人気商品は、何で作られているのかと、いつも気にしています。毎週、「報告会」という営業や開発部門で集まって情報を共有しあう場があるので、新しくみつけた市場情報など、そこで発表しています。報告会での話題を、お得意先でお話しすることで製品づくりのヒントになることもあります。そのような提案を通して、課題解決の力になるのが清田産業の営業職です。とても楽しく働けています。
▲トップへ戻る

印象に残っていること

自分が提案した原料が採用になって製品に。

ある時、お客様から「卵感の強いプリンを作りたい」と言われたことがありました。単純に「卵を多く入れれば?」と思いますが、それではプリンが理想の固さに作れないので、良い原料はないかというご相談でした。ご要望に合う理想の固さを維持したまま、卵感を強めるということで、日本各地の原料会社からサンプルを取り寄せては検討いただく日々が続きました。そしていくつかご提案した原料の中から無事に、お客様の理想にマッチした原料をご採用いただけました。僕が中心となり提案活動を行い採用いただけた仕事だったため、お客様の課題解決に役立てたことで本当にやりがいを感じました。
▲トップへ戻る

未来の展望

いつかはコンビニに並ぶ商品を生み出したい。

お菓子が好きなこともあって、製菓系のメーカーさんを希望して担当させてもらっています。ただ、清田産業では、お惣菜の開発も可能なので、おかず系のお得意先にも取り組んでみたいです。お菓子を扱うことで学ぶ知識をおかずでも生かして、新しいおいしさを生み出す提案につなげたいです。僕が今扱っている商品はスーパーで販売されているものが多いのですが、自分の提案を通して生まれた商品が、自分が普段よく利用する、コンビニに並ぶことがひとつの目標です。実際、それができる可能性のある環境で働かせてもらっているので、実現させたいです。
▲トップへ戻る

就職活動生へのメッセージ

個性が生かせる会社、 自由度が高い会社。

社員は、個性的な人が多いと思います。会社も、自分が突き詰めたい分野があれば、自分の個性を生かして、求める分野の勉強や担当をさせてもらえたりもするので、一人ひとりの意見を聞き入れてくれる環境があります。なのでいろんなことをしたいという気持ちのある人にとっては、本当にいい環境が整っています。清田産業の説明会にも来てもらって社員の話を直接聞くと、こういった仕事もあるんだと発見できるかもしれません。そこで自分がいきいき働いているイメージを持てればいいのではと思います。
▲トップへ戻る