2018年4月入社 原料部 営業 Y.N

入社のきっかけ

テレビで見た「チョコ開発」がきっかけで目指した仕事を実現。

高校で理系か文系か決めなければという時期に、テレビでたまたま、チョコレートを開発する仕事が取り上げられていて、それを見て、こういうことに携わりたいと思ったのがきっかけで食品業界を目指しました。大学では、食に関する研究的なこともしていたのですが、就職と考えると、研究職よりも食品を作るアイデアを出していくような仕事のほうが自分を生かせるかなと考えるようになりました。人と話すことやアクティブなことが好きなので。それで「開発」に力を入れていて、人と接する営業職としても開発に携われる清田産業に決めました。会社訪問の時に、和気あいあいとした、誰とも話しやすそうな雰囲気を感じることができたことも決め手になりました。
▲トップへ戻る

印象に残っていること

お客様の課題解決のために、私らしさを生かして提案。

食品メーカーさんの課題を解決できるよう、さまざまな提案をするのが私の仕事です。ある時、スナック菓子の「バターしょうゆ味」を作りたいというお話をいただき、ヒアリングの中から、しょうゆが強すぎてなかなかバター風味を出せないという課題が見つかりました。開発スタッフとも試行錯誤して、バター感を強く感じられる原料を提案し、創業記念商品というお客様の大切な節目の商品に採用いただきました。私が携わった商品がお店に並んでいることが本当にうれしく買いだめしてしまいました。また、単に一つの原料を紹介するのではなく、たとえば「カロリーを抑えようとすると小麦は使えない、でも粘度が出ない…」という課題をいただいたときには、開発スタッフや仕入先さんとも協力しながら、原料の組み合わせや調理の工夫などを検討して複合的に提案することもあります。
▲トップへ戻る

清田産業の魅力

「三方よし」の考え方で、いつもWin Winの関係を。

もともとは、実は商社なんて必要ないのではという考えを持っていました。原料の会社とメーカーが直接取引すればいいわけですから。でも、清田産業は、決して原料を仲介して売っているだけではありません。「お客様、仕入先様、地域社会」の、三方それぞれが発展するようにという「三方よし(さんぽうよし)」の考え方が浸透しています。私たちが間に入ることで、お得意先には「こんな原料でおいしくなる」と気付いていただける、仕入先さんには「こういった食品に採用された」と喜んでいただけるという関係が生まれることを想像しながら、お仕事をしています。そして、おいしい商品を世の中に生み出すことでたくさんの人を笑顔にしていきたいです。また、お客様とお客様をつなぐ取り組みも積極的に行っています。私のお客様の中で、たとえば、おせんべいを作るメーカーさんがゼリーにも取り組みたいとなったら、お客様同士をつなぐ役割をして、これまでにないような商品を世の中に送り出してみたいです。
▲トップへ戻る

充実のプライベート

オンとオフのバランスが、毎日、明るく過ごせる力に。

土日は、きっちり休めているので、平日の仕事とのバランスが取れています。私の場合、アクティブに動く日とそうでない日が極端で、予定がない日は、部屋の中でのんびりすることもあります。でも、アクティブに過ごす日は友人と買い物に行ったり、土日を挟んで連続5日間お休みにできる「リフレッシュ休暇」の取得も推奨されているので、旅行にもよくでかけています。
▲トップへ戻る

就職活動生へのメッセージ

自由にチャレンジできる環境を楽しめる人、お待ちしています。

食品といわれるものに、ここまで幅広く携わることができる会社は、そんなにないと思いますし、何かを突き詰めて勉強したいといえばチャレンジもさせてもらえます。まだ2年目ですが、営業スケジュールも自分で組みますので「この日はこれをするために1日空ける」ということもできます。下からの意見もすごく通る会社だと感じていて、自分が取り組みたいと言った仕事をさせていただいています。何か失敗した時は、もちろんフォローもしてもらえる体制になっているので、私は本当に清田産業に入ってよかったと思っています。やりたいことがあるのであれば、すごく楽しい会社です。自由にチャレンジできる環境で頑張れる人、ぜひお待ちしています。
▲トップへ戻る