先輩社員インタビュー INTERVIEW

ただの商品開発じゃ物足りない、
+αの提案が自分流。

2020年入社
提案営業職
応用生物学部食品栄養科学科卒 S.T

提案営業職 応用生物学部食品栄養科学科卒 S.T

01 入社の経緯を教えてください。

はじめはメーカーの開発志望でしたが、同じ商品を作る仕事が飽き性の自分にマッチしているのか不安になっていたところ、清田産業を見つけました。
あまり商社は考えていなかったのですが、説明会で幅広い商品に携わることができ、かつ、お客様の商品開発に間接的ではありますが関われることを知り、ここなら自分のやりたかった商品開発と同じようなことができると思い当社を選びました。

02 どんなお仕事をされていますか?

基本的にはお客様からのご依頼に対して原料の提案を行っていますが、営業としてただご依頼のあったことだけを紹介するのではなく、+αを意識して紹介しています。例えば香料のご依頼があった場合、香料以外にも果汁を紹介したりします。また、お客様の商品をお客様と同じくらい知っていないと、良い提案ができないので、スーパーなどで商品を探したり、実際に食べてみて課題などを見つけて商品アイデアをこちらから提案したりしています。

03 今までで一番大変だったことは何ですか?

お客様から専門的な話をされた時です。
はじめの頃は原料に対する知識がなかったので、専門的な話をされると何を言っているのか分からないことが多々あり、かなり困りました。ですが、先輩上司にフォローしていただいたり、仕入先様にも丁寧に教えていただける環境にあるので、日々少しずつ勉強をしています。

04 清田産業はどんな雰囲気の会社ですか?

いい意味でかなり自由な会社です。
とはいえルールや約束事はあるので、なんでもやっていいというわけではありませんが、自分のやりたいことを比較的やらせてもらうことができます。その分責任も増えますが、成長しやすい場所です。また、優しい方が多く、困った時に相談に乗ってくださったり、アドバイスをいただくことができるので、とても働きやすい環境だと思います。

05 今後の目標を教えてください。

入社して3年目となるので、先輩に頼ってばかりではなく自ら行動し、提案できるようになりたいと思います。また、先輩が自分にしてくれたように、後輩にも目を配り周りを見て率先して仕事をこなしていけるようになりたいです。

06 学生の方へメッセージをお願いします。

会社説明やインターンには積極的に参加してください。
色々な方と出会って、話をしていく中で自分の考えに幅ができ、本当にやりたいことが見えてきます。就職活動は、悩むことやうまくいかないことも多いと思いますが、その分、自分自身の成長につながる貴重な経験となるので、あきらめずに頑張ってください。

先輩インタビュー